美容室を最大限に活用しよう

髪を染める二つの方法

例えば、全体の雰囲気を変えたいとか、いつもカラーリングしていいる、もしくは白髪が目立ち始めた世代なら、美容室へいってカラーをオーダーするのは当然になっている方も多いかと思います。ただし、最近はカラーといってもその方法や色も千差万別。

 

自分の好みにあわせて仕上がりの質感や、トリートメント効果が期待できるマニキュアなども選択することができます。自宅で手軽にできる毛染め剤が沢山ある最近では、自宅でカラーリングをしてしまう方もいるとは思いますが、それでもプロの手で仕上げられると、色のニュアンスとか、仕上がりなどはやはり自宅で自分でやるのとはまったく比べ物にならない程の満足感がありますよね。大きくわけるとカラーリング、マニキュアという選択肢があり、髪を傷めるのはちょっと、と思う場合はマニキュアに、そして最近ではカラーリングでさえもあまり髪を傷めない、そして匂いもきつくないマイルドな薬剤を使っているので、そうヘアダメージの心配もいらないでしょう。

 

二つの選択肢のなかでその時に自分に必要なケア、お洒落を選択しましょう。

 

微妙なニュアンスを演出、すきばさみ

ヘアスタイルの流行りや廃りがかなり早くなっている最近では、新しいヘアスタイルや流行をつねに注意深くチェックしている方も多いでしょう。

 

 

そしてパーマやカラーリング、トリートメントの最新技術を試してみて、その効果の程を確かめる場合もあるし、確かに薬剤や最新機器の進化も目を見張るものがあるのも事実ですが、なによりもヘアスタイルの醍醐味はなんといってもそのヘアスタイリストの技術、そして基本となるのはそのカットの技術です。美容室にいくと、それぞれの美容師さんがいかにもプロ使用というようなそれぞれのカットばさみをもっています。

 

そのなかでもすきばさみは大変重要で、髪にレイヤーをいれて軽さを出したり、微妙なニュアンスを演出するにはかかせないはさみです。もちろんそれを上手に取り扱う技術が必要なのはいうまでもないのですが、道具の選択も大事です。自宅でカットする派の人も実際、カットの道具にはこだわったほうがいいですよ。

 

下北沢 美容室は